スポンサーズリンク

土方 凌 ( 引退 府中工業高校


投手/ 176.0cm70.0kg 左投左打  投稿者:yukiさん 東京都出身 府中工業高校- 桜美林大学- YBC柏- 引退


能力

球速
142km/h

みんなの評価

最新評価:2011-10-04 22:30:28
評価数 評価点
8 88.5/100
土方凌(府中工業高校)のみんなの評価
88.5点/100点
次チームでの評価>>
[タグを追加・削除する] 
東京都 立川市立立川第八中学校 立川ポニーベースボールクラブ 東京都立府中工業高等学校 桜美林大学 首都大学野球連盟 YBC柏

この他のムービーはこちら

最新のコメント

コメントがまだありません。評価、コメントを投稿する→

逆指名獲得投票

投稿者:yukiさんによる説明

急成長の左腕、142kmのストレートに鋭いスライダーが魅力で、阪神、広島、北海道日本ハムなどがマークしている。

 日本ハム・今成スカウト:「3ボール2ストライクからでも勝負できるスライダーがいい。肩の可動域の広さや、ひじの柔らかさは天性のもの。東京ではNO1左腕だね」とコメント


スポンサーリンク

土方凌選手のニュース

  1. 府中工・土方凌投手、16回1/3で30奪三振! (2011-07-19)
     府中工・土方凌投手が3回戦で日大二と対戦、8回途中まで5安打8四死球で6失点と荒れた内容だったが、この日も鋭いスライダーで9三振を奪い、これで今大会16回1/3を投げて30奪三振となった。 中日がマークをしており、中日 […]
  2. 府中工・土方凌投手にプロ3球団が注目! (2011-07-17)

土方凌選手の通算成績

土方凌選手の試合成績

試合での成績を評価コメント投稿フォームからお願いします!

土方凌選手の経歴

ニュース・経歴を追加する(ログインユーザーのみ)
引退中の評価 (評価なし)
2018年 12月-  引退
YBC柏での評価 評価
2016年 4月-  YBC柏に進む
桜美林大学での評価 評価
2014 8   8月26日プロアマ交流戦
巨人戦先発
4回奪三振1
無四球
失点1
2014 5   春季リーグ戦1部
東京経済大学戦先発
2回無失点
2013 5   春季リーグ戦
ベストナイン表彰
3試合先発3勝0敗
防御率1.00
2013 3   3月31日プロアマ交流戦
巨人戦先発
5.1回奪三振5
2012 10   秋季リーグ戦
4試合登板1勝0敗
防御率0.00
2012 8   8月31日
プロアマ交流戦
巨人戦登板
2012年 4月-  桜美林大学に進む
府中工業高校での評価 評価
2011 7   寸評今年の東京は右の好投手が揃っているが、左の好投手は少ない。ましてや本格派タイプとなると限られてくる。
今年の東京で左ならNO.1の素質があると思わせるのが都立府中工の土方 凌だ。

上体の強さを活かした投球フォームから投じる135キロ前後の速球に、キレのあるスライダーは高校生としてはハイレベルであり、このスライダーを軸に都大会では16イニング連続30奪三振を記録し、都立のドクターKと呼ばれる存在になった。勝気な顔つきはまさに投手向き。トータルとして見ると物足りない部分があり、高卒プロタイプというよりは大学・社会人で実績を重ねてからプロ入りを狙っていく投手ではないだろうか。

(投球スタイル)
ストレート 139キロ
常時130キロ~135キロ
スライダー 120キロ前後
縦のスライダー 120キロ前後
力強い腕の振りから投げ込まれるキレ・伸びがあるわけではないが、重さを感じさせるストレート。ナチュラルシュートにするストレートであり、綺麗なストレートで投げる投手ではない。中学、高校では直されず、中学の指導者に「このストレートを武器にしろ」といわれ、ナチュラルにシュートするストレートを武器にするつもりだ。ストレートはばらつきがあり、制球力は高いわけではなく、ボールは荒れることが多い。
彼はなんといってもスライダー。独自で編み出したスライダーの切れは尋常ではなく、カーブのように落ちる。簡単にミートできる代物ではなく、左打者にとってはかなり厄介なスライダーだ。カーブとも判別できる縦のスライダーは同じ腕の振りから真下に落ちていくので、空振りを奪いやすい。同じ球種でも変化をつけて勝負していく投手だ。スライダーを投げる時のポイントはストレートと同じ軌道で強く振ることのようだ。全体的にスライダーの割合が多く、まさにスライダーピッチャーだが、スライダーだけでは勝負できないので後からストレートを磨いていった投手である。

(クイックタイム)
クイックタイムは1.6秒前後とクイックは遅い。この試合ではセットに入ってもストレートの勢い自体は落ちていなかったが、機動力のあるチームでは苦しみそう。フィールディングの動きは鈍く、課題は多い。

(投球フォーム)
セットポジションから入る。右足を頭上の近くまで上げていき、左足は一本足で立つことができている。勢いのある始動でそこから140キロ近い速球を投げるエネルギーを蓄える。右足を一塁方向へ踏み出していき、着地する。右腕のグラブを斜めに伸ばしていき、開きを抑えていく。テークバックは左ひじを折り畳むように取っていき、トップに入る。肘の使い方は上手く、打者よりで離す意識は見られる。肩、肘の柔らかさは天性のものがあり、肘が立っているので、カーブ、スライダーを器用に投げ分けることができている。腕を力強く振ることができており、力が入りすぎてばらけることはあるが、東京の左投手で彼ほど力強く速く振れる投手はいない。フォームの一つ一つの動作から天性が光っている。最後のフィニッシュではやや膝が突っ張り気味である。上体の強さと腕の振りの鋭さを活かした投球フォーム。荒々しいように見えるが、肘の使い方が上手い投手なので、下半身を強化し、効率良く使える形を見出すことができるようになれば更にストレートのスピードは上がっていくだろう。将来の可能性力強い腕の振りから投げるストレートには魅力を感じたし、あの独自で編み出したスライダーのキレは尋常ではない。フォームは致命的な欠陥があるわけではなく、肘を使える投球フォームなので、素材としては光るものは幾つもある。この素材を上手く活かしていければ面白い投手に成長しそうな予感はある。

178センチ68キロと比較的細身の体系にしてフィールディングの動きが拙い、クイックも遅いというのは取り組みの甘さが見られるということ。こういう細かなところまでは厳しく鍛えられていないのだろう。だがそれも致し方ないだろう。中学時代、高校時代は個性を伸ばすためにノビノビと練習に取り組んできたから投球以外の課題が見えてしまうのは当然なのである。彼は「入学時に今のレベルに到達するとは想像できなかった」と話す通り、彼にとってプロの世界は遠い世界であり、ステップアップするために個性を磨いてきたが、その分、細かな技術を磨くまでには至らなかった。上の世界を知らないからプレーの一つ一つに甘さが見られる。

ただ力量は大学でも続けていけるだけのレベルに達している。漠然と描いていたプロ入りを具体的に描けるよう真剣に野球を取り組むことが見えれば、自ずと変わっていくはず。4年後にドラフト指名候補として注目される存在になっていることを期待したい。情報提供・文:2011.07.25 河嶋 宗一
2009年 4月-  府中工業高校に進む


土方凌選手へのスカウトのコメント

土方凌選手の実績

東京都出身で中学校では立川ポニーで硬式野球でプレー、3年生の時に全国大会ベスト4まで勝ち進む活躍をみせて敢闘賞を獲得した。

 府中工業高校に入学すると3年生となった2011年に急成長を見せ、春の練習試合で142kmをマークすると、日大三高との練習試合でも9回で5失点も、5回まで3安打に抑えるピッチングを見せスカウトに注目されるようになる。

 夏の西東京大会では1回戦の鷺宮で先発すると、4回で6者連続を含む10奪三振、ノーヒットピッチングをみせると無失点の快投、打っても3安打6打点の活躍をみせた。
 2回戦の三鷹戦でも4回2アウトからリリーフ登板し9回までの5回1/3を内野安打1本、11三振を奪う投球をみせた。


土方凌選手のみんなの評価

府中工業高校時の評価
評価
<<前の所属チームの時の評価   次の所属チームの時の評価>>

◆評価・コメント
みなさまの評価とコメントをお願いします!コメントだけを投稿することも可能です。(評価無しにすると「評価」に反映されません。)

土方凌選手の動画

動画URL(YouTube/ニコニコ)









◆みんなの評価とコメント
<<前の20件 1 次の20件>>
 (ゲストさん)   2011-10-04 22:30:28
評価
 (ゲストさん)   2011-09-26 12:13:15
評価
 (ゲストさん)   2011-09-11 11:43:02
評価
 (ゲストさん)   2011-07-25 03:03:44
評価
 (ゲストさん)   2011-07-21 06:26:57
評価
 (ゲストさん)   2011-07-20 02:32:04
評価
 (ゲストさん)   2011-07-20 01:45:28
評価
 (ゲストさん)   2011-07-19 07:38:11
評価

<<前の20件 1 次の20件>>