スポンサーズリンク
B+

小林 敦 ( 東海大相模高校

8年

投手/ 178.0cm85.0kg 右投右打  投稿者:yukiさん 静岡県出身 東海大相模高校- 東海大学- 七十七銀行- 千葉ロッテマリーンズ-


能力

球速
148km/h

みんなの評価

最新評価:
評価数 評価点
0 /100
小林敦(東海大相模高校)のみんなの評価
次チームでの評価>>
[タグを追加・削除する] 
静岡県 東海大学付属相模高等学校 東海大学 首都大学野球連盟 七十七銀行 2010年千葉ロッテドラフト 2010年ドラフト3位

この他のムービーはこちら

最新のコメント

コメントがまだありません。評価、コメントを投稿する→

逆指名獲得投票

投稿者:yukiさんによる説明

東海大相模時代から140km後半の速球にフォークボールで期待されていた投手。
大学では素質を見せられなかったが、社会人に入ると1年目、2年目、3年目と順調に成長をして、エースとしての風格を持つようになった。

 145kmのストレートとフォークボール、カーブはプロでも十分活躍できる球だと思う。


スポンサーリンク

小林敦選手の通算成績

小林敦選手の試合成績

試合での成績を評価コメント投稿フォームからお願いします!

小林敦選手の経歴

ニュース・経歴を追加する(ログインユーザーのみ)
千葉ロッテマリーンズでの評価 評価
2011年 4月-  千葉ロッテマリーンズに進む
七十七銀行での評価 評価
2008年 4月-  七十七銀行に進む
東海大学での評価 (評価なし)
2004年 4月-  東海大学に進む
東海大相模高校での評価 (評価なし)
2001年 4月-  東海大相模高校に進む


小林敦選手へのスカウトのコメント

小林敦選手の実績

静岡県島田市出身で小学校3年生から野球を始め、東海一中学校(現東海大翔洋中)では全国でも強豪の野球部に入部した。

 東海大相模高校に進学すると2年生となった2002年の秋からエースとなると、140km後半のストレートとフォークボールでプロのスカウトも注目する投手となった。
 3年生となった2003年の夏の選手権神奈川大会では、甲子園が期待されたが、準決勝の横浜高校戦で6安打2失点に抑えながら、味方が完封されて敗退した。

 東海大学では140km後半の速球は期待されたものの、2年生までは活躍できず、3年生となった2006年の秋に8試合を投げて4勝3敗、防御率1.77でリーグ4位の成績を残したが、その後は目立った成績を残していない。

 七十七銀行に入行すると都市対抗では登板がなかったものの、日本選手権では1回戦の日立製作所戦で5回途中から登板し3回を4安打1奪三振で無失点に抑えた。

 2年目となった2009年の都市対抗東北2次予選ではJR東日本東北戦でリリーフとして2回1/3をノーヒットに抑えて無失点、TDKを相手に3安打7奪三振無四球完封勝利と活躍し敢闘賞を受賞した。
 本戦では、1回戦のJR北海道戦で先発すると4回で8安打を浴びながら4三振を奪い粘りのピッチングで1失点に抑えて降板した。2回戦の日立製作所戦でも先発し3回2/3を投げて5安打2四球と苦しみ降板した。

 日本選手権の東北最終予選では再びTDKと対戦、好投し相手を無失点に抑えて降板、チームは0-0のまま延長13回にサヨナラで敗退した。

 3年目となる2010年はエースとして、都市対抗2次予選でもJR東日本東北戦で1失点完投、日本製紙石巻戦でも好投しながら勝利は得られなかったが、第2代表決定戦ではリリーフとしてチームを本戦に導いた。

 本戦では1回戦でNTT東日本と対戦、延長10回まで1失点で投げぬいたが11回にタイブレークでサヨナラ負けを喫した。10回1/3を投げて5安打4四死球7奪三振という内容で、145kmを計測するなど、エースとして自立した投球を見せた。


小林敦選手のみんなの評価

東海大相模高校時の評価
評価
<<前の所属チームの時の評価   次の所属チームの時の評価>>

◆評価・コメント
みなさまの評価とコメントをお願いします!コメントだけを投稿することも可能です。(評価無しにすると「評価」に反映されません。)

小林敦選手の動画

動画URL(YouTube/ニコニコ)



◆みんなの評価とコメント
<<前の20件 1 次の20件>>

評価がありません


<<前の20件 1 次の20件>>