スポンサーズリンク
B+

中村 恭平 ( 立正大淞南高校

8年

投手/ 185.0cm74.0kg 左投左打  投稿者:ゲストさん 福岡県出身 立正大淞南高校- 富士大学- 広島東洋カープ-


能力

球速
149km/h

みんなの評価

最新評価:
評価数 評価点
0 /100
中村恭平(立正大淞南高校)のみんなの評価
次チームでの評価>>
[タグを追加・削除する] 
福岡県 立正大学淞南高等学校 富士大学 北東北大学野球連盟 2010年ドラフト2位 2010年広島ドラフト プロ志望届提出2010

この他のムービーはこちら

最新のコメント

コメントがまだありません。評価、コメントを投稿する→

逆指名獲得投票

投稿者:ゲストさんによる説明

MAX149kmをマークする185cmの長身左腕投手。4月19日の八戸大戦では5回を投げ、1安打4奪三振に抑えて、阪神、北海道日本ハム、オリックス、広島の4球団のスカウトにアピールした。ただし5四死球と変化球の制球力に課題もある。

 立正大淞南高校に入学すると1年生では慎重が158cmしかなかったが、3年生で180cmまで成長、3年からエースとなったが140km未満のストレートと変化球でかわす投球スタイルだった。

 八戸大学に入学するといきなり141kmをマークし、これからまだまだ成長すると見た監督がストレートを中心の投球をするように指示し、また本人も大学でも身長がのびづづけてフォームが変わるため、変化球を投げられなかったと語っている。結果としてそれが本格派左腕投手へと変貌させた。

 3年生となった2009年の大学選手権では50球中48球がストレートで149kmをマーク。

 しかし、調子の良い悪いが投げてみないとわからず、悪いときは特に変化球が全く決まらずにストレートを痛打される。そのためエースとして1戦目には投げていない。
 ストレートも185cmの長身にしては体を低く屈めるフォームのため角度が無く、意外と見やすいという点もある。体も長身の割に細く、体を1から作る必要もある。


スポンサーリンク

中村恭平選手の通算成績

中村恭平選手の試合成績

試合での成績を評価コメント投稿フォームからお願いします!

中村恭平選手の経歴

ニュース・経歴を追加する(ログインユーザーのみ)
広島東洋カープでの評価 評価
2011年 4月-  広島東洋カープに進む
富士大学での評価 評価
2007年 4月-  富士大学に進む
立正大淞南高校での評価 (評価なし)
2004年 4月-  立正大淞南高校に進む


中村恭平選手へのスカウトのコメント

中村恭平選手の実績

プロに入ってからやることがたくさんある投手だが、素質としては魅力たっぷりの選手。このような左腕投手を育てるのは難しいため、できれば育てた実績のある、長期的に見ることができるチームに入団してほしい。
 
 岩手日報の記事
http://www.iwate-np.co.jp/sports/2010sports/m10/spo1010261.html

 富士大の本格派左腕中村恭平(4年)は心静かに運命のドラフトを待つ。28日に行われるプロ野球新人選手選択会議だ。3年春の全日本大学選手権で149キロをマークして一躍脚光を浴び、今年春のリーグ戦後に社会人の名門トヨタ自動車に内定。トヨタとは「ドラフト2位以上ならプロ。3位以下なら社会人」の約束だった。中村は「何位指名でもプロに行きたいが…。上位でなければ、トヨタで鍛え直してプロを目指す」と複雑な心境を語った。
 逸材ゆえの悩みか。プロ行きの条件はドラフト指名ではなく、2位以内の「狭き門」だ。斎藤佑樹(早大)ら大学生投手が豊作の年だけに厳しい。それほどトヨタ側も手放したくない証拠だ。最速153キロ左腕は「(指名があっても)4、5位あたりでしょう。半ばあきらめた時期もあったが、悩んでも仕方ないですから」とあっけらかんと笑い飛ばした。

 186センチの長身から投げ下ろす快速球が魅力だ。立正大淞南高(島根)では変化球主体の軟投派だったが、富士大で才能が開花。高1で158センチだった身長が3年間で180センチに。体の成長が投球スタイルにも変化をもたらした。

 130キロ台だった直球が大学入学後、いきなり141キロをマーク。一方、背が伸びた影響でリリースポイントが狂い、変化球の制球は定まらなくなった。「試合では変化球が怖くて投げられない。だから球威で勝負。タイプが全然違う『本格派』になるしかなかった」と明かす。

 50メートル走は高校時代の約8秒から6秒00に、100メートルの遠投も120メートルに進化。「球速も勝手に上がった」と自ら驚く。大学でも身長は伸び続け186センチに達した。

 球速149キロで鮮烈な全国デビューを飾った昨年の大学選手権準々決勝も変化球なしの真っ向勝負。中村は「50球のうち直球が48球で、残り2球はスライダーがすっぽ抜けた」と語る。捕手とのサインは「直球」と「首を振る」の二つだけ。「直球ばかりだと相手に狙われるから、時々首を振れって指示が出た。全国大会なのに草野球みたいで…本当にこれでいいのかなって思っていた」と苦笑いする。

 荒れ球もお構いなし。未完成ながら快速球で打者の内角をえぐる左腕は、可能性を秘めた原石だ。荒削りだからこそ面白い。青木久典監督は「大学であと1年できれば、もっと伸びた投手だ。プロでもトヨタでも、どっちに進んでも彼にはベストの選択になる。まだまだこれからの投手ですよ」とさらなる飛躍に期待を込めた。


中村恭平選手のみんなの評価

立正大淞南高校時の評価
評価
<<前の所属チームの時の評価   次の所属チームの時の評価>>

◆評価・コメント
みなさまの評価とコメントをお願いします!コメントだけを投稿することも可能です。(評価無しにすると「評価」に反映されません。)

中村恭平選手の動画

動画URL(YouTube/ニコニコ)


◆みんなの評価とコメント
<<前の20件 1 次の20件>>

評価がありません


<<前の20件 1 次の20件>>