スポンサーリンク

2018年度-独立リーグ・海外捕手

<<前の20件 1 次の20件>>

評価数
3
点数
92点

センス抜群で能力が高い強肩強打のキャッチャーです。


セカンド送球
1.76秒
評価数
5
点数
76.8点

旭川大でもチームの中心として抜群の強肩を見せる。プロのスカウトも注目。 旭川工業高校時代では、主将としてチームをまとめがんばっていた。 3年の夏では甲子園に出場し4番捕手として活躍していた


セカンド送球
1.9秒
評価数
7
点数
94.7点

高校時代から注目されていた頭脳派捕手。二塁送球も1.9秒と優れている。打撃で結果を残したい。


通算本塁打
50本
評価数
4
点数
82.7点

高校通算50本塁打を記録したスラッガー。捕手としての能力も高い。

最新のコメント: 2018-10-12 09:33:10 (ゲストさん)

中部大学の監督と揉めたらしいね。噂によれば監督からイジメられて精神的に病んだとか


セカンド送球
1.8秒
評価数
2
点数
20点

セカンド送球1.8秒を誇る超強肩捕手。


遠投
100m
50m走
6.1秒
評価数
9
点数
92点

強肩強打の捕手。 「打てる捕手」の素質がある。

最新のコメント: 2018-10-16 21:39:46 (ゲストさん)

努力の賜物です。指名されてもされなくてもずっと応援しています!


遠投
120m
50m走
6.5秒
セカンド送球
1.85秒
評価数
2
点数
58点

強肩強打の大型捕手

最新のコメント: 2017-10-26 08:41:19 (ゲストさん)

キャッチングをしっかりするところからだね。 打撃はパワーに良い物がある。


評価数
3
点数
100点

兄は東京ヤクルトの中村悠平捕手。 福井商時代に甲子園に出場。 2017年大学生プロ志望届提出。

最新のコメント: 2018-07-21 05:55:33 (ゲストさん)

中村辰哉(なかむら たつや)選手のプロフィール! 身長/体重☞173㎝/ 70㎏(※現在。) 遠投☞100㍍ 50㍍走☞6.2秒 ※中村辰哉(なかむら たつや)選手は現在、福井ミラクルエレファンツ〖1年目〗です。


※未承認
通算本塁打
1本
遠投
110m
50m走
6.4秒
セカンド送球
2秒
評価数
4
点数
86点

広角に打ち分けること。スローイングの速さ。

最新のコメント: 2018-06-12 05:25:39 (ゲストさん)

谷口佳祐(たにぐち・けいすけ)選手のプロフィール! 高校☞不二越工業高校(2014年 4月) 所属チーム〖※現在〗☞富山GRNサンダーバーズ(2017年 4月) ※富山サンダーバーズは、2015年から、〖富山GRNサンダーバーズ〗に名称変更。 ※谷口佳祐(たにぐち・けいすけ)選手の出身小学校⇨黒部市立石田小学校 ※谷口佳祐(たにぐち・けいすけ)選手の出身中学校⇨黒部市立鷹施中学校 ※谷口佳祐(たにぐち・けいすけ)選手が、中学校時代に所属していた野球チーム⇨黒部市立鷹施中学校(軟式野球部)

<<前の20件 1 次の20件>>

 
スポンサーリンク
追加された選手経歴
藤原恭大 2019年12月
小園海斗 2019年12月
根尾昂 2019年12月
吉田輝星 2019年12月
清水大成 2018年10月
浮橋幸太 2018年10月
小泉龍之介 2018年10月
道原順也 2012年4月
小室佑太 2014年4月
小室佑太 2008年4月
最新の指名予想
10月24日 ニコルスさん 19%
10月24日 やすーさん 20%
10月24日 たけのこさん 21%
スポンサーリンク
最新のコメント
藤原 恭大
雰囲気、将来性を感じます。
喜屋武 一輝
こいつはプロで間違いなく活躍する!プロのスカウトさん絶対に指名しといたほうがいい...
梅野 雄吾
梅野は真鍋監督よりも背が低く西武の森と同じだから正確な身長は168センチです。1...
藤原 恭大
アンチがわいてる
鈴木 翔天
なんて読むねん
土井 克也
同じ唐津のオリックス宮崎やDeNA宮崎敏郎みたいになってほしい。
野村 大樹
いぶし銀のにおいが既にするが、ホークスの選手カラーに合わないような気がする❗老け...
頓宮 裕真
1位根尾、2位頓宮(左翼、三塁、一塁手として)有事は捕手。獲れたら内野手の高齢化...
松本 航
ベイにはいらない
上茶谷 大河
ベイはマジで考え直せ 絶対いらないから 即戦力P獲っても1年目だけでそれ以降...
小園 海斗
ミスすると言い訳ばかりする ベイにはいらない
藤原 恭大
なぜ1位候補とされているのか謎 こんなの1位じゃ絶対いらないだろ
吉田 輝星
こいつ以上の過大評価は見たことがない 絶対に大成しない
吉田 輝星
実力は2位以下レベル
根尾 昂
謎の過大評価