スポンサーズリンク
A

榎田 大樹 ( 小林西高校

8年

投手/ 181.0cm86.0kg 左投左打  投稿者:yukiさん 鹿児島県出身 小林西高校- 福岡大学- 東京ガス- 阪神タイガース- 埼玉西武ライオンズ-


能力

球速
144km/h

みんなの評価

最新評価:
評価数 評価点
0 /100
榎田大樹(小林西高校)のみんなの評価
次チームでの評価>>
[タグを追加・削除する] 
鹿児島県 小林西高等学校 学校法人高千穂学園/小林西高等学校 福岡大学 福岡六大学野球連盟 東京ガス 2010年ドラフト1位 2010年阪神ドラフト

この他のムービーはこちら

最新のコメント

コメントがまだありません。評価、コメントを投稿する→

逆指名獲得投票

投稿者:yukiさんによる説明

小林西高校から福岡大へ進み、福岡大で3年生となった2007年には、当時4年生の白仁田(現阪神)、2年生の門脇(現日立製作所)と共に大学選手権に出場し登板をしたものの三重中京大を相手に5回2失点と敗戦投手となった。
 
 東京ガスに入ると3月のスポニチ大会でいきなり先発を任され、新日本石油ENEOSを相手に5回2失点と好投を見せた。
 その後、都市対抗予選で大黒柱の活躍をみせると、本戦でも1回戦に日本通運戦では8回3安打11奪三振2失点で勝利、続くNTT西日本戦でも先発し6回1/3で3安打7奪三振1失点と勝利、若獅子賞に輝いた。

 結局2009年は12試合に先発し、75回を投げて自責点22で防御率2.64、奪三振はイニング数を超える78となった。しかし都市対抗以外ではあまり勝利することができず6勝4敗となっている。
 大舞台になると燃えるタイプかもしれない。

 投球スタイルはストレートは140km前後だが、スクリューボール、チェンジアップ、スライダーを織り交ぜる投球を見せる。しかし基本はストレートで詰まらせるための変化球、といった投球スタイルである。


スポンサーリンク

榎田大樹選手のニュース

  1. 阪神、榎田大樹投手、背番号13決定 (2010-12-06)
    阪神は12月6日の新入団選手発表を行い、ドラフト1位の榎田大樹投手は背番号13が決定した。「背番号13といえば榎田、と言われる選手になりたい」とコメントしました。都市対抗でも活躍した安定した先発左腕投手です。1年目から...

榎田大樹選手の通算成績

榎田大樹選手の試合成績

試合での成績を評価コメント投稿フォームからお願いします!

榎田大樹選手の経歴

ニュース・経歴を追加する(ログインユーザーのみ)
埼玉西武ライオンズでの評価 (評価なし)
2018年 4月-  埼玉西武ライオンズに進む
阪神タイガースでの評価 評価
2011年 4月-  阪神タイガースに進む
東京ガスでの評価 評価
2009年 4月-  東京ガスに進む
福岡大学での評価 (評価なし)
2005年 4月-  福岡大学に進む
小林西高校での評価 (評価なし)
2002年 4月-  小林西高校に進む


榎田大樹選手へのスカウトのコメント

榎田大樹選手の実績

ストレートは130km後半でそれほど驚く球ではないが、それでも強気にインコースに、そして低めに丹念に投げてくる。詰まらせて打ち取るタイプ。

 阪神が候補にリストアップしている左腕投手。

 【報知新聞8月28日記事】
 東京ガス(東京都)はドラフト1位候補左腕・榎田大樹(24)が先発。プロのスカウト陣が見守る中、自己最速タイとなる146キロの直球を武器に、NTT西日本(大阪市)を6回8安打3失点。7三振を奪う力投で、チームを快勝発進に導いた。

 4万人の視線が心地よい。榎田は自らの成長を実感しながら、思い切り左腕を振った。最速146キロの直球にスライダー、チェンジアップと変化球も操り、6回を7奪三振。8安打され、常に走者を背負いながらも粘りの投球で3失点にまとめ、白星を呼び込んだ。

 「緊張はない。今年は周りを見て、雰囲気を読みながら投げられていると思う」。昨夏の都市対抗では8強入り。新人賞にあたる「若獅子賞」を受賞して脚光を浴びた。ドラフト解禁となる2年目の夏。開幕戦の重圧も力に変え、躍動した。

 今年のドラフト候補では数少ない即戦力左腕。スカウトの視線も熱を帯びた。広島・苑田スカウト部長は「右打者の内角スライダーや外角チェンジアップが、直球と同じ腕の振りから投げられる」と評価。巨人・山下スカウト部長も「安定感がある。ピンチでも冷静だ」と賛辞を口にした。

【サンケイスポーツ8月27日記事】
 二回二死からNTT西日本の越智を144キロ直球で空振り三振に仕留めるなど、四回までに7奪三振。以降は奪三振こそなかったが、6回8安打3失点で初戦突破に大きく貢献した。
 「真っすぐがいっていたと思います。開幕戦で(同じ)会社の人たちの前で負ける姿を見せたくはなかった」
 自己最速タイとなる146キロの直球にスライダー、チェンジアップ、スクリューボール、カーブと多彩な変化球で打者を翻弄(ほんろう)。相手も二回から大阪ガスから補強の左腕・岩見、さらに六回途中から本格派右腕・吉元と、ドラフト候補を次々と投入する中、榎田がエースとして気を吐いた。
 プロの評価も高い。ヤクルトの渡辺編成部部長は「一番の良さはコントロール。ドラフトでは上位で消えるだろう」と指摘。巨人の山下スカウト部長も「社会人トップクラス」と評価し、相手の岩見とともに「(ドラフト候補として)貴重な左腕」と続けた。


榎田大樹選手のみんなの評価

小林西高校時の評価
評価
<<前の所属チームの時の評価   次の所属チームの時の評価>>

◆評価・コメント
みなさまの評価とコメントをお願いします!コメントだけを投稿することも可能です。(評価無しにすると「評価」に反映されません。)

榎田大樹選手の動画

動画URL(YouTube/ニコニコ)




◆みんなの評価とコメント
<<前の20件 1 次の20件>>

評価がありません


<<前の20件 1 次の20件>>